水漏れ修理を放置することのリスク

水漏れ修理を放置することのリスク トイレやキッチン、お風呂等は毎日頻繁に使用しますので、家の中でもトラブルが起こりやすい場所です。特に水漏れが起こった場合、原因や場所がすぐに特定できるようであれば対処のしようもありますが、ある日突然床が水浸しになっていたり、ずっと水が漏れて止まらない状況に陥ると、焦ってパニックになってしまうことがあります。
たいていのケースでは、水漏れの予兆があったり、違和感を感じたりしながらも修理せずそのまま放置していることが多いようです。これくらいなら大丈夫と思って放っておくと、部屋の中の環境に悪影響を及ぼしたり、隣や階下の人に迷惑をかけてしまう可能性もありますので、水漏れの対処についてきちんと理解し、修理や対策法を把握しておくことが大切です。

■カビや臭いの発生

水漏れをそのままにしておくと、常に水が出ている状態となりますので、部屋の中の湿度が上がってしまいます。湿気が多くなるとカビが発生しやすくなり、知らないうちに床や壁、天井までまだら模様になっていることがあります。ひどいケースでは、クローゼットの中にある洋服までカビが発生してしまったり、見えない家具の裏や布団、カーテン等にも影響を与えます。
カビが布類についてしまうととれにくくなりますし、何よりアレルギーを引き起こすことにもなりかねません。さらに、カビが繁殖することで、特有のカビ臭さが発生してしまいます。
常に換気していないと部屋がカビ臭いという場合には、水漏れを疑った方が良いかもしれません。特にシンク下、洗面台の下の収納等、外から見えにくく閉鎖された環境下で発生していると発見も遅くなり、いざ開けた時には真っ黒になっていた、というケースも少なくありません。

■水道料金が高くなる
水漏れしているということは、ずっと水を使用していることになりますので、当然水道メーターも少しずつでも上がり続けます。蛇口やジョイント部分から水が伝う程度であったとしても、長い時間そのままにしておくと、相当な水が出ていることになります。
トイレの便器もチョロチョロと出るくらいだからと放置しておいて、いざ水道料金の明細を見てその高さに驚くという事態に陥る可能性は十分あります。漏れている水にも料金が発生するということを認識しておきましょう。

■他人に迷惑をかけてしまうことも

アパートやマンション暮らしをしている人は、水漏れを放置しておくと階下にまで影響を及ぼす危険性があります。水が漏れているにもかかわらず、何週間も放置した結果、階下の部屋の天井からも水漏れ被害が起こってしまうケースです。
これは排水管を伝って下の階にまで水が流れてしまったことが原因ですが、このような場合、最悪のケースでは修理費用全額負担、さらに賠償金を請求されることもあります。経済面もそうですが、ご近所トラブルの種になってしまいますし、その後の生活にも大きく影響を及ぼす可能性があります。小さな水漏れでも、そのまま放置しておくといずれ大事にまで発展してしまうことも考えられるので、十分に注意が必要です。

■まとめ
どんなに微量の水であっても、漏れを発見したら早めの対処を心がけましょう。そのままにしておくと、湿気やカビが発生したり、水道料金にも影響を与えるリスクがあります。さらにひどい場合には、階下に漏水させて大事になってしまうと、隣近所、階下の住民にまで迷惑をかけてしまいます。そのような事態を避ける為にも、水漏れは発見したら早期に対処することが重要です。簡単に直せる範囲であれば良いですが、自分で対処が難しい場合には、水周りトラブルの専門業者に相談してまずは現場を見てもらい、原因の解明と的確な修理を依頼することが効率的なのでお勧めです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース