水道の水漏れの修理方法とは

水道が水漏れをしている可能性がある場合、まずはどこから漏れているのか場所を特定しましょう。トイレタンクや水道の蛇口等、目視できる箇所から発生している場合もあれば、壁の内側や床の下等、見えない場所で発生していて音だけが聞こえるという場合も多々あります。
目視で確認できるのであれば、劣化、または破損した部品を交換することで対応できることもありますが、自信がない場合には業者に依頼すれば素早く効率的に修理してもらえます。ただし、発生している場所を確認できない場合には、まず音や水道メーターを確認してどのような原因が考えられるか予測しましょう。

■壁の中や床から音がする場合

壁の中や床からシャー、あるいはポタポタと水漏れのような音が聞こえる場合には、給水管、または排水管、屋根や外壁からの水漏れが原因と考えられます。給水管は10年以上使っていると経年劣化して不具合を起こします。水道の元栓を閉めて音が止まった場合には、給水管が原因の可能性が高くなります。排水管も老朽化することで内部がつまりを起こし、通り道が狭くなった箇所に圧力がかかることでつなぎ目から水が漏れることがあります。
また、屋根や外壁に破損箇所があり、雨水が入ってきて音がしている場合には、破損箇所の修理が必要となります。症状が雨の後に起こる、元栓を閉めても壁から音がする、あるいは濡れているという場合は屋根や外壁の破損を疑いましょう。

■水道メーターが動いている場合

水漏れ箇所が目視できない、音も特に聞こえない、ただし水道メーターはずっと動き続けているという場合も、漏水の疑いがあります。
キッチンや浴室、トイレの壁や床がなぜかいつも湿っている、水道ポンプのモーターが使っていない時も動くという現象が起こるのであれば、水道料金を確認して、通常より高くなっていないか等使用量をチェックしてみましょう。明らかに使用量がおかしい、水道料金が高額だと考えられる場合には、速やかに専門業者に来てもらって原因の特定をしてもらうようにしましょう。

■まとめ
給水管、排水管、屋根や外壁の破損等が原因と考えられる場合、どのケースにせよ水道 修理専門業者に修理を依頼することになります。ほんの少しだからと放置しないで、早目に対処することが重要です。最初は少量だったとしても、漏れている箇所が大きくなれば量も増え、その結果大きな工事が必要となる危険性もあります。水道料金も高額になってしまいますので、水漏れの可能性がある場合には早期対処が基本となります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ